40代の高齢出産は珍しくない!?高齢出産をした芸能人

40代の高齢出産は珍しくない!?高齢出産をした芸能人

35歳以降の出産を指す高齢出産は、晩婚化が進む現在、珍しいことではなくなりつつあります。

しかし、出産へのリスクから高齢出産にあまり良いイメージがない人は多いはずです。高齢出産=危険と思っている人もいるのではないでしょうか。

とはいえ、調べてみると世間的なイメージの割に、40代以上で無事に妊娠・出産をしている人がいるのも事実です。

特に目を引くのが芸能人の高齢出産が増えていること。

そこで今回は、

・40代の高齢出産は危険?
・40代で高齢出産した芸能人について知りたい!

といった方に、40代の高齢出産について、芸能人の高齢出産を含めてご紹介します。高齢出産と聞いて身構えてしまう人が多いと思いますが、芸能人を参考に高齢出産を改めて見直してみませんか?

関連記事
>>高齢出産「産んでよかった」!!たくさんの先輩ママ達の声!
>>3人目は珍しくない!?40代の高齢出産で考えられるリスク
>>高齢出産の育児ブログ!!同じ境遇のママさんを参考にしよう
>>高齢出産にまつわる体験談まとめ!高齢出産を決意したきっかけ

こちらをご確認ください!

高齢出産となると、葉酸の摂取はもちろん、その他の栄養素も含めた、総合的な的な栄養管理をおこないたいものです。

そんな方におすすめしたいのが、こちらの高齢出産におすすめの葉酸サプリです。

限定キャンペーンが開催されているので、母子ともに健康な出産を目指すママは、ぜひチェックしておきましょう!

当サイト一押しの葉酸サプリはこちら

高齢出産について

高齢出産とは医学上、35歳以上の妊娠および出産を指します。

以前までは30歳以上とされてきましたが、近年では女性の社会進出を背景に晩婚化が進み、また35歳を過ぎるとさまざまなリスクが高まることもあって、平成3年頃からWHO(世界保健機構)の定義に合わせて35歳以上と年齢が引き上げられました。

この定義を基に、初産婦であれば高齢初産と定義されます。また初産、出産の回数関係なく40代で妊娠・出産をする場合も高齢出産と呼ばれます。

参考記事>>高齢出産は何歳から?基礎知識と知っておきたいリスクや対策

40代の高齢出産は危険!?

芸能人を代表に、40代で高齢出産を経験するママは増加傾向にありますが、多くのリスクを伴うという理由から、危険なイメージがある人は多くいます。

しかし、実際のところは健康に気を遣う女性が増えたことで、40代を迎えても体年齢がまだまだ若く、充分に出産が望めるケースも少なくありません。

また、医療技術も進歩してきてい、て無事に出産できるように高齢出産をサポートする環境が整ってきているというのも理由に挙げられます。

40代の高齢出産でも、そこまで神経質にならなくても良くなりつつあるのです。

なぜ高齢出産は危険なイメージがあるのか?

40代の高齢出産が増加傾向にあるとはいえ、高齢出産によって生じるリスクがなくなるわけではありません。

高齢出産が危険、というイメージがある理由には、考えられるリスクがいくつもあるからです。

しかし、高齢出産が問題視される中、実際にはどんなリスクがあるのか知らないママがほとんどです。高齢出産に伴い考えられるリスクは以下の通りになります。

医療の進歩などによって40代での高齢出産も当たり前のようになってきていますが、危険が全くないわけではありません。

ママの身体と生まれてくる赤ちゃんの為にも、考えられるリスクは把握しておくようにしましょう。

妊娠をしにくい

年齢を重ねると共に、妊娠はしにくくなるといわれています。原因としては、年齢と共に身体が衰えていくように、精子や卵子の質も下がり、受精や着床の確率も低くなってしまうことなどが原因に挙げられます。

その確率は40代で60%を超えるとされています。そのため、自然受精ではなく人工授精や体外受精など、不妊治療に頼る夫婦も少なくないですが、自然受精と共に、その成功率は低くなってしまいます。

40代の高齢出産を避ける傾向にあるのは、そうした妊娠できる確率が低くなってしまうことがリスクの1つに含まれていることが理由の1つに挙げられます。

関連記事>>高齢出産は何歳まで!?自然妊娠や不妊治療で妊娠できる限界

流産・早産の確率が高い

高齢出産のリスクとして、流産や早産の確率が高いことも挙げられます。その確率は20代で約10%だったところ、40代では約40%と倍に跳ね上がることがわかっています。

原因としては、妊娠しにくい原因にもなっている卵子の質の低下、染色体異常が考えられます。その割合は流産の原因の80%を占めます。

早産に関しては、常位胎盤剥離や妊娠高血圧症候群などで起こりやすいのですが、高齢出産の場合、早産の原因になるこの2つにも陥りやすいことから、早産の確率も高くなってしまいます。

参考記事
>>低出生体重児の赤ちゃんとは?高齢出産の関係と原因について

先天性異常の危険性がある

高齢出産の場合、ダウン症などの先天性異常を発症する危険性も高くなることがわかっています。

この原因としては、上記のリスクと同様に卵子の質の低下が関わっています。質の低下した卵子は染色体異常を起こしている場合が多いのです。

卵子が染色体異常を起こしていると、受精が上手く行ったとしても先にも触れた流産の確率が高まってしまう他、ダウン症や障害など赤ちゃんに先天性の異常を引き起こしてしまう可能性が高くなってしまう恐れがあります。

関連記事
>>高齢出産の子どもの障害と影響とは!?ダウン症について
>>ADHD(注意欠陥多動性障害)とは?高齢出産でのリスクは?
>>知っておきたい!!高齢出産における奇形の可能性や心構え

病気にかかりやすい

妊娠すると、赤ちゃんを育てるために免疫力が下がり、病気にもかかりやすくなります

高齢出産の場合には、肉体的な衰えもあることからその確率も高くなります。体調不良になりやすいのはもちろんのこと、流産の原因にもなる子宮筋腫や卵巣腫瘍、妊娠糖尿病、全身がむくんでしまったり、血圧が高くなったりするなどの症状が引き起こされる、妊娠高血圧症候群にもなりやすいとされています。

その確率は35歳以上で14~18%、40代にあたる45歳以降は30%に上がるので、そのリスクが心配されています。

参考記事
>>高齢出産だけじゃない!妊娠中の糖尿病に要注意!原因と対処法

帝王切開になる可能性が高い

高齢出産のママは、妊娠高血圧症候群や子宮筋腫などの病気にもかかりやすいです。

これらの病気になってしまっている場合、子宮筋腫であればできた場所や大きさ、妊娠高血圧症候群であれば重症度にもよりますが、母子の安全のために帝王切開が選択されることがあります。

また、35歳以上になってくると子宮口、膣壁に柔らかさがなくなってくるので、出産の際に赤ちゃんが通れるほど伸びてくれない場合があり、このことから帝王切開になることも多いです。

参考記事
>>高齢出産でよく聞く帝王切開のすべて!帝王切開について知ろう
>>高齢出産で逆子になったら帝王切開!?逆子のリスクと対策

芸能人では40代の高齢出産も珍しくない?

芸能人で高齢出産した人は少なくありません。わかっているだけでも、40代で出産した芸能人は17人ほど。

40代前半を中心に、最高で46歳で出産を経験している芸能人の方もいます。高齢出産が35歳以上からということも考えると、芸能人の高齢出産は珍しくないといえます。

現在では、このような事実もあるからか、高齢出産のリスクがありながら、NHKが実施したアンケート調査でも結果が出ているように、一般人でも72%の人が40歳以上でも妊娠、出産ができると考えています。

芸能人を代表に、40代の高齢出産への意識は少しずつ変わってきているともいえるのです。

100%の出産率ではない高齢出産

また、高齢出産にはリスクだけでなく、経済的な余裕や若いママに比べて精神的にもゆとりがあるなど、高齢出産ならではのメリットもあります。

高齢出産をするからといって、悪いことばかりではありません。しかし、芸能人が40代で妊娠・出産をしているからといって、100%の出産率を誇っているわけではありません。

40代での出産率は7.7%、13人に1人という厳しい現実があります。芸能人の妊娠・出産報告を聞くと、何も苦労がないように感じてしまいますが、その裏では、他の女性と同じように不妊治療を受けたりするなど決して楽をしていないことを忘れないで下さい。

40代で高齢出産をした芸能人

40代に入って高齢出産を経験した芸能人は数多くいます。公表している人もいれば、大まかにしか語っていない人もいますが、高齢出産をするにあたり人それぞれたくさんの努力をされています。

40代で高齢出産を経験された芸能人は次の通りになります。高齢出産にはさまざまなリスクが付き物です。

年齢で悩む人、これからの妊娠・出産に不安を覚える人もいますが、芸能人の方たちはどうだったのか、その体験を少し覗いてみましょう。

はしのえみ

タレントで女優のはしのえみさん。鉄ちゃん劇団や日曜バラエティ番組「王様のブランチ」で買い物好きなお姫様キャラクターで知っている人も多いのではないでしょうか。

そんなはしのさんは、35歳の時に結婚しましたが、第一子である長女を出産したのが2013年。結婚7年目にして待望の赤ちゃんを授かりました。

41歳の高齢出産で、出産の際には自然分娩から急遽、帝王切開になったことを産後に更新したブログで明かしています。妊娠しにくい体質でもあったらしく、不妊治療も行っていたようです。

奥貫薫

女優でありナレーターでもある奥貫薫さん。最近では高視聴率ドラマ「とと姉ちゃん」にも出演していました。

そんな奥貫さんは、2009年に映画で共演した小木戸利光さんと結婚した後、その2年後の2011年5月に40歳で第一子である男の子を出産しています。

結婚してから2年というのは早いような気がしますが、40歳で出産したというエピソードは、その当時の高齢出産に対するイメージと珍しさからなのか、世間を騒がせたようです。

虻川美穂子

お笑いタレントである虻川美穂子さんは、お笑いコンビ北陽での活動や2012年9月まで放送されていたバラエティ番組「はねるのトびら」で見たことがある人も多いのではないでしょうか。

最近では「ヒルナンデス!」の木曜レギュラーも務めていますよ。お笑いタレントの高齢出産は夫婦で不妊治療に挑み、「妊活休業」でも話題になった大島美幸さんが有名ですが、実は虻川さんも40歳での高齢出産

2834gの元気な男の子の赤ちゃんを出産されています。また、北陽の相方である伊藤さおりさんも40歳で女の子を出産。コンビ揃っての高齢出産ともなりました。

ジャガー横田

日本の女子プロレスラー、現在ではタレントの活動も行っているジャガー横田さんは、2004年7月に、リングドクターであり、鎌倉女子大学教授も務める木下博勝さんと結婚したことで「究極の勝ち組」としても世間を賑わせました。

その後、2006年5月に妊娠が判明。45歳での高齢出産でマスコミでも大きく取り上げられましたが、同年に自然分娩で男の子を無事に出産しています。

ただ、妊娠するまでには不妊治療を行っていたりと、高齢出産ならではの辛さをブログで語っています。

ビビアン・スー

「ウッチャンナンチャンのウリナリ!」でのレギュラーや、ウッチャンナンチャンの南原清隆さん、キャイ~ンの天野ひろゆきさんと共に結成した「ブラックビスケッツ」での活動をはじめ、現在では台湾、中国、日本の3か国を拠点に活動するマルチタレントです。

そんなビビアンさんは、2014年2月にシンガポール実業家の方と入籍を発表。その後、2015年8月に40歳で男の子を出産しています。

しかし、妊娠生活中は妊娠3ヶ月頃にウィルス性腸炎を発症してしまい、緊急入院の後に143日間寝たきりの状態になってしまっています。

結局、胎児の体重が2kgまで育ったところで帝王切開出産となったようですが、その時まだ妊娠32週目という早めの出産になりました。

松嶋尚美

お笑いタレントで、女優、歌手もこなす松嶋尚美さんは、2006年にロックバンド「MARSAS SOUND MACHINE」のボーカル、ヒサダトシヒロさんと結婚。

明治神宮での挙式は、ニュースでも話題になりました。そんな松嶋さんは2011年12月、40歳の時に男の子を出産、その後、2013年6月の41歳の時に女の子と、40代で2回の高齢出産を経験しています。

第一子である男の子を出産する際には、予定日よりも2週間ほど早くなってしまったようですが、母子共に健康で現在は元気に2児のお母さんをしているようです。

永作博美

タレントの永作博美さんは、2009年に映像作家である内藤まろさんと結婚。その年の5月18日に第一子である男の子を出産しています。

この時も39歳の高齢出産。二度の流産や、不妊症と高齢出産ならではの苦労も経験されており、永作さん自身も健康管理などのさまざまな努力をされていたようです。

その後も2013年に42歳で第二子である女の子を出産しています。松嶋尚美さんと同様に、現在では2児のお母さんをしながら、ドラマや映画などでも活躍されています。

高齢を理由に諦める必要はない?

何人か芸能人の方を紹介してきましたが、40代で高齢出産を経験された芸能人は数多くいます。海外の芸能人も入れるともっと多いのではないでしょうか。

高齢出産にリスクが付き物とはいえ、松嶋さんや永作さんのように、40代で2人目を出産されている人を見ると、40代という年齢だけで、妊娠・出産を諦める必要はないともいえます。

しかし、何度も言うように芸能人の方たちも高齢出産に繋がるまでには、不妊治療や健康管理など多くの努力をされています。望んでも授かれない可能性も高いことを忘れないようにしましょう。

40代での高齢出産は、身体が衰えてしまうと共に卵子や精子の質も低下してきます。個人差はありますが自然妊娠が難しくなってくるのも事実です。

また、何度も言うように、高齢出産にはさまざまなリスクがあります。

芸能人をお手本に、40代という年齢で妊娠・出産を諦める必要はないかもしれませんが、高齢出産を望まれる際にはママだけでなくパートナー、信頼できる医師のサポートも必要不可欠です。

ママ1人で抱え込まず、周囲とよく相談をしながら、高齢出産を目指して下さいね。

関連記事
>>高齢出産を諦めるべき?妊活を続けていくかどうか迷ったとき
>>高齢出産の妊活はいつから?始めるタイミングと基礎知識
>>高齢出産に向けた不妊治療と不妊治療専門クリニックの選び方

高齢出産NAVI一押し!おすすめ葉酸サプリはこれ!

高齢出産におすすめの葉酸サプリ

ララリパブリック葉酸サプリは、葉酸を400μg摂れるのはもちろん、妊活や妊娠中に必要な栄養をバランスよく摂ることができる葉酸サプリメントです。

高齢出産では、普段以上に栄養バランスに気をつけたいので、バランスの良いサプリメントを選ぶことが重要です。

キャンペーンが開催されているので、そちらを利用するとお得に購入できます。
キャンペーンページはこちら:ララリパブリック葉酸サプリ


最後までありがとうございました。
もしお役に立てたことがあればシェアしていただけると嬉しいです。


関連するカテゴリの記事一覧を見る
高齢出産の知識・心構え


正確な情報の提供に尽力していますが、その内容を保証するものではございません。