高齢出産で自然妊娠は可能?自然妊娠を目指したい方のために

高齢出産で自然妊娠は可能?自然妊娠を目指したい方のために

高齢出産といわれる35歳にかかってしまう可能性がある方で、自然妊娠を希望する方もいると思います。

もちろん高齢出産を望む場合、不妊治療などの手段も一つの方法と考えていると思いますが、できれば自然妊娠したいというお母さんは多くいます。

そこで今回は、

・高齢出産で自然妊娠は可能なの?
・高齢出産で自然妊娠を望むなら何をするべき?

といった方に、高齢出産の自然妊娠について考えていくことにしましょう。

関連記事
>>高齢出産の妊活はいつから?始めるタイミングと基礎知識
>>高齢出産は何歳まで!?自然妊娠や不妊治療で妊娠できる限界

こちらをご確認ください!

高齢出産となると、葉酸の摂取はもちろん、その他の栄養素も含めた、総合的な的な栄養管理をおこないたいものです。

そんな方におすすめしたいのが、こちらの高齢出産におすすめの葉酸サプリです。

限定キャンペーンが開催されているので、母子ともに健康な出産を目指すママは、ぜひチェックしておきましょう!

当サイト一押しの葉酸サプリはこちら

高齢出産で自然妊娠できるの?

一般的に35歳を過ぎると妊娠できる確率が減っていくとされています。しかし、高齢出産といわれる35歳以降に子供を授かり、出産している方は実にたくさんいます。

もちろんその中には不妊治療に取り組んで、新しい命を授かった方もいますが、そうではなく自然妊娠で赤ちゃんを授かった方もいます。

では、「自然妊娠を望めば誰もが妊娠できるのか?」というとそうではありません。確かに高齢出産といわれる35歳を超えても妊娠できる人はいますが、あなたが自然妊娠できるということではないのです。

自然妊娠できる確率はゼロというわけではありませんが、確実に妊娠できるかどうかは神のみぞ知るところといえます。

自然妊娠を望んで一番心配な点は?

高齢出産でも自然妊娠で子供を望むことはできないことではありません。夫婦の営みの中で子供を授かることが本来自然なことですから、それに賭けてみたいと誰もが一度は考えることといえます。

ですが、自然妊娠の場合、いつ妊娠できるかというのが不透明なこともあり、妊娠できないので不妊治療をしようと思ったときに、もうすでに治療を行っても妊娠できる確率が下がってしまうことが心配な点です。

自然妊娠でも、不妊治療でも同じことですが年齢と共に妊娠できる確率は大きく下がる傾向が見られます。

そのため、自然妊娠を望んではいるものの、それに挑戦した結果、子供を産むことができなくなった場合を考えてしまいます。

また、妊娠は高齢になるほど、さまざまなリスクが高くなります。そのためせっかく自然妊娠できたとしても、流産などを引き起こす可能性があるのです。

早めの気づきや対処で間一髪の危機を脱することができる場合もありますが、流産は卵子自体の問題が関係していることもあり、防ぐことができないケースも多くなっています。

流産を繰り返し、やっぱり不妊治療で子供を望むことにならないかなど心配は絶えません。ですが、逆に考えた場合でも同じことです。不妊治療を行ったからといって誰もが妊娠できるという保証もありません。

高齢出産を望むお母さんにとってこうした選択は正解が見えない分、考えることの多い問題といえます。

自然妊娠できる確率って?

では、実際に自然妊娠を望む場合一般的な確率はどうなっているのでしょうか。自分に当てはまるとは限らないとしても一応知っていて損のない数字です。

ここでは、まず一般的な自然妊娠できる確率から見ていくことにしましょう。

人間は他の哺乳類と異なり、妊娠できる確率のもともと少ない生物です。実験に良く使われるマウスなどの妊娠できる確率は100%といわれていますが、人間の場合健康な20代前半の夫婦でも妊娠できる確率はわずか25%~30%です。

妊娠は個人差があり、一概にこうといえるものではありませんが、自然妊娠できる確率はもともとあまり高いものではないのです。

年齢を重ねればその確率はより低くなってしまいます。卵子の老化が原因と考えられていますが、その確率をもう少し詳しく見ていくと、

25歳から30代前半まで・・・25%~30%
30代後半       ・・・18%
40代前半       ・・・5%
40代後半       ・・・ 1%

となっています。年齢の経過と主に自然妊娠できる確率もかなり落ち込んでしまいます。ですが、これはあくまで一般論です。

卵子の状態や配偶者の精子の状態によっては自然妊娠できる確率も大きく変化します。自然妊娠できる確率が低いから妊娠できないというわけではありません。

自然妊娠したいのであれば・・・

自然妊娠を望むなら、まずは卵子の状態や健康状態が整っているかどうかがカギとなってきます。

病院などで検査してもらうことも大切ですが、基礎体温を付けることでもおおよその女性側の体の状態を把握することができますので、試してみましょう。

その上で妊娠できる確率が高い排卵日を含めた5日間を把握していきましょう。妊娠しやすいとされているのが排卵前の3日間、排卵日、排卵後の1日です。

このタイミングを狙って子作りにチャレンジしてみましょう。人によってはすぐに子供を授かることもありますので、試してみる価値は十分あります。

子作りから妊娠できるまでの期間も年齢とともに変化するといわれています。20代の場合、健康で何の問題もない場合、子作りから妊娠まで3か月程度を要するとされており、30代前半となると6か月が平均的期間で、35歳以上の高齢出産の場合は約9か月ほどかかると考えられています。

しかし、排卵日を狙って子作りを行えば、確実に妊娠できる可能性は高くなりますので、自然妊娠を望むのであれば、より確率の高くなる排卵日を狙って子作りを始めてみましょう。

タイミング療法も有効!

同じ排卵日を狙う方法ですが、不妊治療を行っている病院でも進めている自然妊娠の方法にタイミング療法があります。

不妊治療というと体外受精や人工授精などの高度な不妊治療を思い浮かべるという方も多いと思いますが、タイミング療法はもっとも初歩的なスタンダードな治療法で、不妊治療を始める方々が一番多く実践している方法です。

不妊治療医院の医師によると、不妊治療で妊娠した約3分の1の方がこのタイミング療法で自然妊娠しています。

一般的な基礎体温での排卵日の把握と基本的には同じ方法ですが、病院で正確な排卵日を測定し、その結果を踏まえて旦那さんと子作りに励むという方法です。

不妊治療というカテゴリではありますが、自然妊娠ですので、高齢出産で自然妊娠を望むお母さんにはお勧めの方法といえます。

医師により排卵日を計測してもらえる、正確な日にちが分かるというのがやはり安心です。また、このタイミング療法を行っていくために基本的な検査も行われます。

不妊かもしれない症状はさらに詳しく検査してもらうことができ、不妊の原因が見つかった場合にも投薬治療などを行ってくれますので、より正確に自分の健康状態を把握できます。

また、旦那さんの協力を仰げるようであれば、男性側の健康状態もチェックしてもらうことができますので、より安心して自然妊娠にトライできます。

タイミング療法で自然妊娠を目指すときの注意点

タイミング療法は医師の関与もありながら確実に自然妊娠を目指すことのできる、高齢出産を望むお母さんにとって良い方法ではありますが、いくつかの注意点があります。参考にしてください。

妊娠できるとは限らない

まず一つ目として、このタイミング療法を行ったとしても必ずしも妊娠できるとは限らないということです。

「健康かどうか?」「不妊の原因はないか?」「正確な排卵日」などは知ることはできるものの、あくまで自然妊娠です。そのため、良い卵子と良い精子が出会い、いくつもの好条件がそろって初めて妊娠できることになります。

こうした卵子や精子の状態は、他の不妊治療と異なり、いちいち関与するものではありませんので、あくまで妊娠しやすい日に子作りできる、妊娠できる卵子の状態を確認できるだけにすぎません。

必ずしも妊娠が約束されたというものではありません。

子作りが負担になることも

タイミング療法は妊娠しやすいとされる排卵日に旦那さんと子作りに励む必要があるものです。ですが、子供を作るためだからといって、夫婦関係が成立するのかという問題が出てきます。

仕事の忙しさや気分的な理由で子作りができないということも考えられます。そうなった場合、夫婦関係に深い傷が残ってしまうこともあり得ることです。

排卵日の子作りを上手く運ぶためには、日ごろの夫婦関係や義務と感じない環境作りも大切です。

必ずしも、タイミング療法が成功に至るというわけではないのですから、まずはよい夫婦関係を維持することから始めていきたいのですが、高齢出産となると期限が設けられているようなもので、口には出さないものの焦りを感じることも多くなります。

義務として子作りをするわけではないとはしていても、無言のプレッシャーにさいなまれる可能性があります。

こうしたリスクがあることを十分理解したう上で、夫婦協力し合いながら、互いの気持ちを確かめながら、タイミング療法にトライしていくことが重要です。

子供が欲しいなら期限を設けて取り組むことも大切

タイミング療法が自分にマッチしていてすぐに子供を授かるケースもありますが、誰もが上手くいくというわけではありません。

自然に妊娠することよりも、子供を授かることに重きを置いて考えている場合には、ある程度期間を設け、ダメだったら次にシフトチェンジすることも大切です。

高齢出産の場合、自然妊娠はもとより、不妊治療でも早く取り掛かることが大切で、妊娠できる確率も年々確実に減少していってしまいます。

迷いや時期の遅れが妊娠に大きな影響を及ぼすことになってしまいます。医師や旦那さんと話し合いながら、タイミング療法での自然妊娠を見切るタイミングについても考えておく必要があります。

高齢出産で自然妊娠を目指すなら、実践しておきたいこと

高齢出産の場合、妊娠できるかどうかということだけでなく、妊娠するためにできること、いざ妊娠した後のことも考えておく必要があります。

妊活を実践しよう

妊娠するためには健康な体が何より大切です。適度な運動や栄養バランスのとれた食事で妊娠力を高めたり、体を冷やさないよう心がけたり、ストレスを溜めないようにしたりとやれることはたくさんあります。

これらすべてが妊娠できる確率に必ず影響してくるかは定かではありませんが、高齢出産という厳しい状況を打破するためには、できる限りのことはしておきたいものです。

漢方やサプリメントなど妊活に良いとされるものを、積極的に試してみるのも一つの方法です。

葉酸を摂取しておこう

高齢出産は妊娠や流産のリスクが上がるだけでなく、生まれた子供のリスクも高くなるといわれています。

そのリスクを少しでも減らすために、高齢出産で妊娠を目指すのであれば葉酸を積極的に摂取しておきましょう。葉酸は生まれてくる子供の先天性異常を軽減してくれます。

先天性異常は妊娠10週までに発生すると分かってきており、妊娠1か月以上前から妊娠3か月の間、葉酸の適度な摂取をすることでリスクが7割も軽減するとされています。

いつ妊娠するのかわからない赤ちゃんのためにも葉酸の摂取を心がけてあげましょう。

参考記事>>高齢出産におすすめしたい葉酸サプリメント選びと注意点

夫婦一丸で自然妊娠を目指していこう

自然妊娠できるように頑張っていこうという意思を持つことは、高齢出産を目指すお母さんにとって大切なことです。ですが、赤ちゃんはお母さん一人でどうにかなるものではありません。

旦那さんと協力して始めてできるものなのです。そのため、「自然妊娠を目指そうと思うのだけれど、あなたはどう思う?」という話し合いの場は一度設けてみる必要があります。

旦那さんには旦那さんの考え方があるかもしれませんし、これを期に旦那さんの考えを聞くことができます。二人の意思が固まって、自然妊娠での高齢出産を目指すことができれば、理想です。

自然妊娠を成功させるためには、いつかは話す機会を作らなくてはならないことですので、ぜひ早い段階で話し合いの場を作ってみましょう。

妊娠、子作りについて話すことで「子作りに協力的になってくれた」「不妊検査を自分から進んで受けてくれた」という旦那さんも多く、とても良い夫婦関係を築ける場合が多いです。

ぜひ協力を仰ぐためにも、自然妊娠を成功させるためにも夫婦での話し合いの場を持ってみましょう。夫婦一丸となって自然妊娠での出産を目指していきましょう。

高齢出産NAVI一押し!おすすめ葉酸サプリはこれ!

高齢出産におすすめの葉酸サプリ

ララリパブリック葉酸サプリは、葉酸を400μg摂れるのはもちろん、妊活や妊娠中に必要な栄養をバランスよく摂ることができる葉酸サプリメントです。

高齢出産では、普段以上に栄養バランスに気をつけたいので、バランスの良いサプリメントを選ぶことが重要です。

キャンペーンが開催されているので、そちらを利用するとお得に購入できます。
キャンペーンページはこちら:ララリパブリック葉酸サプリ


最後までありがとうございました。
もしお役に立てたことがあればシェアしていただけると嬉しいです。


関連するカテゴリの記事一覧を見る
高齢の妊活


正確な情報の提供に尽力していますが、その内容を保証するものではございません。